矢印キーでの移動を使いこなす方法です。


1.Ctrl + 矢印
 その方向にあるデータのかたまりの
 始まり又は終わりに飛ぶ

2.Shift + 矢印
 その方向のセルを複数選択する

3.Ctrl + Shift + 矢印:1・2の合わせ技。
 その方向にあるデータのかたまりの
 始まり又は終わりまでのセルすべてを選択する 

さて
作業スピードをアップしたい!と思った時、
関わる要因は大きく分けて5つあります。

1.マウスを使わずに操作する
2.タイピング速度をアップする
3.関数(絶対参照・相対参照含めて)をすばやく使う
4.Excelの構成をすばやく考える
5.繰り返す作業はマクロ等で自動化する

Excelでのスピードに直結し、
かつ難易度の低いものから順に並べています。

このうち1は、マウスを使わない操作。
マウスではなく矢印キーで移動したり、
ショートカットキーを使ったりすること。

ショートカットキーはなかなか覚えられなくても、
矢印キーで移動するのは、覚えなくてもできるはず。
ぜひ日頃のExcel操作で、矢印キーを使うクセを
つけてみましょう。


+:同時に押す  ⇒:順番に押す

おすすめの記事