ハーバードビジネスレビュー(HBR)の
各機能をご紹介していきます!


Excel 2013からの新機能
「フラッシュフィル」のご紹介です。
データの法則性を見つけ出し、
自動的にデータを入力できる機能です。

一件目のデータのみ入力しておき、
[データ]タブの?[フラッシュフィル]。
(または[Ctrl]+[E])

勝手にデータの法則性を見つけて
二行目以下を埋めてくれます。

たとえば
A列に姓名(姓 半角スペース 名)があり
B列に姓、C列に名と分けたいとき
B列にLEFT関数、C列には…と頑張って
関数入力をしていましたが、
なんと、関数ではなく値入力でOK。

つまり、
A列で「鈴木 太郎」
B列に「鈴木」、C列に「太郎」とあれば
勝手に、姓名で分けたいのね、と
法則性を見つけてくれるのです。

すごいでしょう?
あまり難しいものだと法則性を見つけて
くれないのですが、簡単なものなら
ぜひ試してみてください。


10 Excel Functions Everyone Should Know
https://hbr.org/2018/10/10-excel-functions-everyone-should-know

おすすめの記事