Excelを学ぼうと一番最初に思った時、
「Excelって何ができるんだろう?」と
機能を学ぶために勉強する方は多いはず。

でも学ぶべき機能なんて、
大して多くありません。

前回までで伝えた、
ハーバードビジネスレビューで取り上げた
「全ての人が知るべき10のExcel機能」
プラスαくらいなものです。
これは6時間あればきっちり学べます。
(ご要望を受けて、そういう講座、
私もストアカで開講しました)

しかし、大事なのはそのあと。

「その機能を使って何をするか」
言い換えれば
「何をするためにその機能を使うか」

集計や分析といっても、
さまざまな切り口があります。
相手の立場やPCスキルにより
見やすさや使いやすさも変わり得ます。

そんな諸々を加味した上で、
「何をするために」という、
Excel作業のゴールを適切に設定し、
それを実現するためにどんな選択肢があるか、
その選択肢のうち、
どれがExcelで容易にできるか、を考える。

私はこれがExcelの本質であり、
醍醐味でもあります。

普段そのようにExcelを使いこなしていないと
「言わんとすることはなんとなくわかった
けど、具体的にどんなこと?」
と思うかもしれません。

次回から数回にかけて、
簡単な事例でお伝えしていきます。
あなたのExcel業務に、
即、活かせるものもあるかもしれません。

おすすめの記事