ちょうど質問頂いたので、
このメルマガでもお伝えさせて頂きます。

何かのリストを作る時、通し番号を振ることって
多いと思います。

A列に「番号」とか「No」として
上から1, 2, 3, 4….と連続した数字を入れること。

この作業、いくつかやり方がありますよね。

1.手入力
1, 2, 3, 4とそれぞれ手入力する
→ちょっと効率悪そうですね。

2.1,2まで入れてオートフィル
セルの右下角の「■」をクリックしながら
下方向に動かすと、1,2まで入っていたものが
3以降も連続した数字とみなされて、
3,4,5,6,と続けて入力される機能。
→これは悪くはないです。でも、途中で行を
 挿入すると空白行ができてしまいます。すると、
 また右下角をクリックしながら下方向にひく、
 という操作をしなければいけません。

3.「1」のみ入力して、そのすぐ下のセルに
 「=[1つ上のセル]+1」と入力。
 あとはその式を下までコピーする。
→これも悪くないですが、途中で行を挿入しても
 番号は自動で変わらないので、いまいち。

4.ROW関数を使う。
 A2セルが1番目なら「=ROW()-1」と入力
 あとはA3、A4…と同じ数式をコピペする。
→行が変われば番号が変わるので、とても便利。
 縦(行)ならROW関数、
 横(列)ならCOLLUM関数です。

あれ、この話聞いたような気がするな、
そう思った人は素晴らしいです。
このメルマガでは「ちょっと前にも聞いたかも」
と思うことを、角度や表現を変えて
繰り返しお伝えして、知識定着を図っていきます。

聞いた気がしたときは、ナナメ読みでOK。
もし聞いた覚えがなかったらしっかり読んで下さい。

おすすめの記事