Excelのシートは、基本、
次の3種に分かれます。

  1. 素データ(入力用)
    システムから吐き出したデータや、
    部署内外から集めたデータ、
    またはそうした素データがないために
    そのシートに直接入力するデータ。
  2. 集計用
    月別、担当者別、取引先別、支社別、
    などとカテゴリーに分けて集計。
    対予算、対前年、構成比、などで
    分析します。
  3. レポート(出力用)
    印刷やパワポ貼り付けなどして
    提出するためのシート。
    グラフなどで見やすくする工夫が必要。

それぞれの塊だとわかるように、
シート名を「入力用」としたり
「素データ=>」などの見出し用シートを
つけたりします。

過去回でお伝えした、
売上管理や顧客管理、
イベント申し込み集計も、
その他さまざまな表もジャンル問わず
この3種のシートで構成すると
使い勝手がとても良くなります。

おすすめの記事