文字色に意味を持たせることで、
その値がどのようなものかを、
一目でわかるようにできます。

例えば、
青:ベタ打ちや、vlookupでカギとなる文字列
緑:他のシートから参照
黒:シート内計算、
又は文字色を変更する意味のない文字列

これは私が実際に使っていたルールです。
ちなみに、色の指定はRGBで行なっており、
青はR:0、G:0、B:255
緑はR:0、G:128、B:0
と決め、チーム内で統一されていました。

どの色でも構いませんし、
RGB指定もせずに選べる色の中から
統一してもよいと思います。

ただ、
もしこのように文字色を使い分けるなら
どんなときに色を変えるのか
どんな色に変えるのか
明確なルールがないと、誰も守れません。

しかし
明確なルールがあると、一瞬で
「あ、これは黒だからシート内計算だな」
「これは緑だから他シートを見よう」と
判断できて、大変便利です。

まずはご自身から使ってみて、
その便利さを実感してみて頂き、
よさそうならぜひチーム内でシェアして
運用してみてください。

おすすめの記事