文字色は、例えば以下のようなルールを
持たせるとよいと伝えています。

青:ベタうち、vlookupで参照先にする等
その数値や文字列に集計上意味を持つもの
言い換えれば、そこが変わると集計が
変わってしまうもの

緑:他のシートを参照した計算式

黒:シート内計算または
色を変える必要がないもの

文字色は、その文字や計算式を入力する
都度、自分で変えます。
上記ルールでの条件付け書式などで
自動設定はできませんので、少々面倒。

しかし自分で色を変えるからこそ、
ミス予防にもなります。

実際に色の違いから、
「シート内計算のはずが緑色になってる!
もしや計算式のコピペミス?」
などと気づけるのはもちろん、
自分で文字色を変えるだけの余裕を持って
作業ができるということにより、
ただ計算式入力&コピペを繰り返して
集中力が低下し、ミスが多発するのを
予防できます。

急いでいるときほど落ち着こう、とは
どのようなことでも言われますが、
Excelもまさに同じ。

自分で文字色を変えて、
ひとつひとつミスをしないように作業する
余裕を持ちましょう。

おすすめの記事