ファイルに、非表示の列やシートがあると
自分が作成したファイルでなければ
見抜けないことって多いです。

しかし、取引先などに送るとき、
非表示のシートや列に機密情報があると
相手はもしかしたら開いて見てしまうかも
しれませんよね。

そんなときには「ドキュメント検査」
をおすすめします!

左上のファイルタブ
>情報
>問題のチェック
>ドキュメントの検査
>ファイルを保存していなければ
保存を促されるので「はい」を選択

>チェックしたい内容が一覧に。
スクロールして下の方にある
「非表示の行と列」
「非表示のワークシート」
を選択して「検査」を押下。

すると、
非表示の行や列、シートが
いくつ含まれているかを調べて、
その数を教えてくれます!

しかも、
その非表示の行や列、シートを
一括削除したい場合は、
検査結果の画面で、該当する
「すべて削除」をクリック。

皆さんは非表示機能は使わなかったとしても
部署内の誰かが非表示を使い
しかも取引先に送ろうとしているような時
ぜひ一度この機能で、
非表示をチェックしてみてください。

おすすめの記事