システムから吐き出したCSVを開いた時
なぜだかセルの頭に無意味なスペースが
入っている…

そんなときに使えるのが、TRIM関数。

=TRIM(空白を取り除きたいセル)
でオッケーです。
以下の規則で空白を削除してくれます。

・文字列の先頭や末尾に挿入されている
スペースはすべて削除
・文字列の間に挿入されているスペースは、
1つだけを残してすべて削除

A1セルの空白を削除して、
その内容をB1セルに反映させるなら、
B1セルに
=TRIM(A1)
と入力。

だいたい、一つのセルだけではなく、
その列全てのセルの空白を削除したい
ことが多いのですが、そのときは
B1セルに入力した数式を
下にコピペして伸ばしていくだけ。

コピペは、B1セル右下の角に合わせた
カーソルの形が「+」になった時に
ダブルクリック、でも速いですね。

最後に、B列全体を選択してコピーし
形式を選択して貼り付け(Alt→e→s)
で、値として貼り付け(v)。

空白を一括削除したいときに便利です。

おすすめの記事