Excelでは、マクロという
プログラミングができます。

最強の効率化といえば、
マクロを使うことではありますが、
あえてマクロを禁止していたチームで
働いた経験から学んだことがあります。

・関数だけでの超速化
いかにラクにするか、を関数だけで。
毎月の定期業務は、自動化エクセルで。

・作業の優先順位と必要性を常に考える
マクロも使えず面倒なので
いらない作業はしたくないし
限られた時間の中で
できること、やるべきことを考える。

・バリューを出す意識
結局、「で、どうすんの?」に答えられる
Excelでないと意味がない

・シンプルに
複雑なことをしても、ミスをするだけだし
他の人がわからない。

・非属人化でチームプレーを
一人でできることには限界がある。
いかにみんなで、Excel初見くらいの人が
入社した時にもできるようにするか。

おかげで、今の私に活きています。
ちなみに、マクロ禁止の理由は、
他の人が修正できないから、
移動や退職でそのファイルが終わるから。

マクロを学びたいと思う前に、
マクロを学ぶ目的ってなんだっけ?
マクロを使わないとしたら今できる
最大限のことはなんだろう?
を一度考えてみてください。

本気でやれば、マクロを使わずとも
そこそこのことができるし
たくさん学ぶことができます。

おすすめの記事