VLOOKUP関数は使えるという人に
次のステップを提案します。

それは、
列番号を手入力するかわりに、
MATCH関数を使うことです。

ちょっと簡単なVLOOKUPで、
列番号も2なので、そんなMATCH関数
なんて使わなくてもよい、
ということもあるかと思いますので、
無理に全ての場合に使うように、とは
言いません。

しかし、
MATCH関数は、
MATCH(検索値, 検索範囲, 0)
という簡単な使い方で、
対象の列番号を出してくれて
とても便利です。
列番号の引数に入れるだけ。

使えるようになっておいた方が
今より10倍便利にVLOOKUP関数を
使えるようになります。
「(私の実体験に基づく感覚値ですが)

VLOOKUP関数くらいできるようになった
からもうこれ以上のスキルアップはいいや
ではなく、
もう少し便利になる方法ないかな、
という意識でいてください。

すると細かな便利技もどんどん
吸収していけるでしょう。

おすすめの記事