入力時はマウスに触らない!
といっても、全員にそうすべきというものでは
ありません。

その人のExcel使用状況や
キーボードの慣れ・不慣れもあるからです。

それでも、キーボード操作中心でできると
マウス操作が遅い人ほどスピードアップを
実感できるはずです。

これまでお伝えした内容のおさらいでもありますが
以下を見ながらご自身の操作を振り返ってみて下さい。

もし、キーボード操作が便利だと感じていて
自分もそう操作したいと願いながら
なかなかできていないと思うのなら、
以下うち今できていないことを
使いこなすようにするだけで
ずいぶんとスピードが変わります。


選択したセルを「アクティブセル」と言いますが
このアクティブセルの移動は、
矢印キーだけでなく以下でも可能です。

Enter:下に移動
Tab:右に移動
Shift+Enter:上に移動
Shift+Tab:左に移動

入力を終えてEnterを押すと、下に移動しますよね。
でも右に続くならTabを押したほうがよいし
上のセルならShift+Enterを、
というように場合により使い分けができると、
矢印キーまで手を動かさずに操作できて便利です。

また、表の中での移動は以下で可能です。

Ctrl+Home:A1セルに移動
Ctrl;End:表範囲の右下端に移動
Ctrl+↑/↓/ ←/ →:表範囲の上/下/左/右端に移動

セルの選択もこちらで簡単に。

Shift+↑/↓/ ←/ →:隣接セルを選択
 ※Ctrlを押しながらで一気にセル選択
Ctrl+Space:列を選択
Shift+Space:行を選択

慣れればキーボードを使ったExcel操作が
ものすごくラクになります。

おすすめの記事