前回、言葉の定義が大切だと伝えました。

例えば、人件費。
正社員、アルバイト、派遣職員も含む、
と定義したとします。

そうしたら次は、それぞれのデータを
どこから入手できるかを考えます。

・正社員  ⇒人事部
・アルバイト⇒同上
・派遣職員 ⇒事業部

のような感じです。

同様にして、他の項目もデータ入手先を考えます。
・売上金額 ⇒経理部
・売上個数 ⇒営業部
・価格   ⇒営業部

すると、
「あれ、価格管理は営業部だっけ?事業部だっけ?」とか
「売上個数って営業部で集計してるのかな」といった
疑問が出てきて、確認すると
「その数値は集計(保有)していなかった!」と知り
そのデータをまとめることから始めないといけない
・・・と気付かされることがあります。

これが予めわかっておけば、
データをまとめるのに最短でも3日はかかって・・・
と見積もり時間に含められます。

これが分からずに
「このExcelファイルは3日程度でできるだろう」と
たかをくくり、〆切3日前になり作業を始めて、
初めてデータがないことに気づくと、大変です。

期限に間に合わせるためにも、
関わる様々な人に迷惑をかけないためにも、ぜひ、
・どのようなデータが必要で、
・それはどこから入手可能か
を予め確認しておいてください。

おすすめの記事