行列の挿入には、
Shift + Ctrl + [+]
で、セルの挿入ウィンドウを出して、
列や行を選択して「OK」とすると
挿入が行えます。

これでもよいですし、PCやExcelにあまり慣れない人に
対してはその方法をお伝えしていますが
実は私自身は、「昔のショートカット」を
使っています。

それは、
行の挿入 Alt ⇒ I ⇒ C
列の挿入 Alt ⇒ I ⇒ R

セルの挿入ウインドウを出すまでもなく
これだけで行列の挿入が一瞬でできます。

Excel2003までで使われていたショートカットなので
このほうが馴染みがある人もいるかもしれません。

スピードを出したり
手間を少しでも減らしたいのであれば
おすすめです。

おすすめの記事