集計した後のチェック方法で、
とても有効なものがあります。

それは、
完成後にすぐ提出するのではなく
提出された側の気持ちになり、
一度端からみてみること。

どこかで耳にしてすでに知っていて
なんだそんなことか、
と思うかもしれません。

しかし、できていますか?

知っていることとできることは
全く別物です。

ご存知ならなおさら、
提示を受ける上司や顧客の気持ちになり
最終チェックしてみてください。

ポイントは
・完成直後ではなく、15分~1時間ほど
時間をあけて自分の脳をリセットしてから
見てみること
・誤字脱字、体裁の崩れはないか
(一箇所だけ線がないなど)
・その表で何が言いたいかわかるか
・計算ロジックがわかりやすいか、
計算ミスはないか

これらを気にしてたった10分でも
チェックできると、出来が変わります。

おすすめの記事