実際に以前に遭遇した場面です。

Excelはほぼどのパソコンにも入り
ほぼどの部署の誰でも使います。
中には、著しくPCが苦手な人もいます。

見積書や請求書にExcelを使うものの
金額は電卓で計算して手入力。

金額は全て単価×個数と、電卓で計算、
小計の足し算も、電卓。
消費税額も、電卓。
合計ももちろん小計+消費税を、電卓で。

Excelの意味がないじゃないか!!!
とツッコミをいれたくなります。
というか、ツッコミました。笑

でも実際には、このように
非効率的なのにアナログにやってしまうこと
ありませんか?

空いてるセルに一個ずつ同じ値を入力。
→Ctrl + Enterで一括入力すればいいのに

毎ページに見出し行が入るように、
見出し行をコピーして、全ページの
改ページ部分に貼り付け
→印刷タイトル設定すればいいのに

VLOOKUPで列番号を目視で数える
→Match関数使えばいいのに

色々ありますね。
たまにはぜひ、
「このExcelの使い方、大丈夫かな」と
一旦立ち止まってみてください。

案外ラクにできることも
あるかもしれません。

おすすめの記事