エクセル作業をするときに、
大事な考え方のひとつが
「テンプレート」です。

部署が違う、月が違うなど
何かが「違う」データの取りまとめをするとき
何も意識をしないと、出てきたデータに
自分が合わせて作業をすることになり、
それは大抵、手間が多いです。

テンプレートを作れば、何かが「違う」中でも
共通して使えるため、作業が効率化します。

「良い人」であればあるほど、
「どんなデータでも良いですよ、私やります」
と言ってしまいがちです。
しかし、そもそも相手は
どんなデータにしたらよいかもわからずに、
データを作っていることもあるので、
テンプレートを作ってあげたほうが
相手のためになることもあります。

ぜひ、これはテンプレートにできるかな?
という常に意識を持ちながら、
過ごしてみてください。

おすすめの記事