桁区切りとは1.000とか10.000などの数字に入るカンマのことです
桁区切りをが入った数値は一気に見やすくなります
また、関数による計算のミスも防げます
例えば

A列        B列   C列   D列      E列
商品       金額   消費税  金額(税込み)

コーラ      150                0.08
水        100
緑茶       120
オレンジジュース 200
コーヒー     250

このような表を関数で計算します
C1のセルにB1*E1と入力すると12と表示されます
しかし同じように緑茶の消費税を計算すると9.6と表示されてしまいます
このセルでAltキー+H+Kを入力して桁区切りをいれます
すると10と表示が変わりました
金額を入力するとき、桁区切りを入れても
3ケタまでの金額だと見た目は変わりません
ですが関数を使って計算するときに桁区切りをいれないとミスにつながります
忘れがちですが忘れないで

おすすめの記事