前回一度入力した文字列はオートコンプリートのドロップダウンリストから
入力する方法を紹介しました。

今回はあらかじめ入力する文字列が限られていて変化しない
という場合に文字列を楽に入力する方法をご紹介します。

まず入力規則を設定したいセル範囲を選択し、
データタブ→データツールグループのデータの入力規則をクリックします。

入力値の種類からリストを選択。
元の値に入力したい文字列の一覧をカンマで区切って入力します。

入力したいセルでAltキー+↓を押すとリストが表示されます。

しかし文字列の一覧がたくさんある場合は手打ちだと抜け漏れが起きやすくなります。
こんなときはエクセルシートにリストを作成してセルの参照をすると
わかりやすいです。

設定方法は先ほどと同じですが
元の値の項目で作成したリスト全体を参照させます。

ちなみに入力規則を設定したセルでも、キーボードから手動で入力
することは可能です。
ただしリストにない値を入力するとエラーになってしまいます。
新たな選択肢が増えた場合などはもう一度入力規則を設定しなおす必要があります。

おすすめの記事